今日は木曜日です

木曜日の割にはお客さんが来てくれてる様な気がします

お客さんは絶対に来てくれていますが決して売り上げが良い訳ではありません

是非お金を落としていって下さい

少し言い回しが汚くなってしまいました

店内は綺麗ですか??

って聞かれたら少し困りますのでどうかお口を慎んで下さいね

お前の喋り方とその考え方が1番汚い等のクレームは受け付けません

店長にも社長にも言わないで下さい

というのも…僕は両親を早くに亡くしております

それでも貴方は私にクレームを言いたい??

貴方は母親の愛人の息子としてこの世に生を授かったのですか??

その場合はクレームを受け付けます


話は変わりまして

接客って何だろう?商売って何だろう?

私も一応バイトの端くれなのでそういった疑問を抱く毎日です

この話を進めていく中で

やはり私のおばぁちゃんとのエピソードはかかせません

少し長くなりますがセルマックスのブログを読む人なんてどうせ暇なんでしょうし余り気にせずダラダラ書いていきます

ちなみに隣のローソンの店長はこのブログを見てくれています

暇かは知りません

口が裂けても暇そうだなんて言えません

本題です

僕が住んでいる高級マンションの近くにもローソンがあるのですが

僕のおばぁちゃんは1度もそのローソンへ行った事がありません

勿論一緒のマンションに住んでいます

食材や飲み物等を買う時には1番ローソンが近いのですが

おばぁちゃんは1度もローソンへ行った事がありません

確かに近所にはダイエーとマンダイがあります

商品の豊富さと値段にはとても適いません

しかしいくら近所と言ってもお年寄りです

近ければ近いほど良いに決まっています

かりんとう、おせんべい、大福、チューブの生姜、チューブの前田等

100円で買えるおばぁちゃんの好きそうな物も教えてあげました

それでもおばぁちゃんは行きません

僕は不思議になりとうとう根本的な質問をぶつけました

「何故こんなにも近くて便利なローソンへ行かないの?しかも1度も」

おばぁちゃん「あんなとこ入ったら絶対何か買わなあかんやろ?気に入るもんなかった時に手ブラで出て行きづらいやんか。私はちょこっとだけ買って出て行ったりできひんからそんなんはやらしいからようせえへん」

僕はおばぁちゃんのイメージするコンビニに少し驚いたあとこう言った

「トイレだけ借りて行く人もいるし本だけ読んで行く人もいるしガムだけ買って帰る人もいるんやで?そんなん心配せんでええよ」

おばぁちゃん「行かへん」

僕のおばぁちゃんは少し頑固だ

長くなりましたが僕が言いたいのはイメージって大事やなってことです

僕のおばぁちゃんみたいに固定概念に縛られて身動きが取れなくなってる人もいると思います

セルマックスは本とDVDとCDとゲームと雑誌と漫画とおもちゃ等たくさん取り揃えています

でも勘違いしてるお客さんがたくさんいます

本しか置いてないんかと思ってた

エロいのしか置いてないんやと思ってた

エロじゃないDVDも

エロじゃない漫画も

エロじゃない本も

エロじゃないおもちゃも置いてあるんですね

ってよく言われます

特に2階あったんですねって

2階は完全にエロいです

結構誰でも入りやすい雰囲気やし品揃えなのにお客さんが少ない様に感じます

もっと銭を稼げていいハズなのに

みなさんが誤解してるせえで思ってるより銭が稼げません

2階がないって誤解…

おもんないっすよ

とりあえず良いイメージを持ってもらいたい

だから僕は何も買って帰らなかったお客さんに対して

今日も笑顔でありがとうございましたと言うのです

何も気にせず1度足を運んでもらいたいものです

お客さんが何も買わんかった時に「お前なんか2度と来んな。死にさらせ。エロいし金ないしせこいしきしょいねん」なんて言わないよ絶対

だから絶対来て下さいね

絶対ですよ

サイン会だけ来るノリ勘弁して下さい

セルマックス都合のいい女みたいに扱うんやめて下さい

どうか貴方の1番にして頂きたい

ご来店心からお待ちしております

さよなら

さよなら

さよなら

小田和正より